パートタイム労働者とはどのような従業員を指すのか?

従業員を働き方によって「正社員」「準社員」「パート」「アルバイト」など様々な呼び方があります。
会社によってはパートは日中の時間給者、アルバイトは夕方以降の時間給者など分けている場合もあります。
しかし厚生労働省ではパートタイム労働者とはどのような働き方をする労働者なのかを明確にするため、次のように定義しています。

パートタイム労働者の定義

パートタイム労働者とは会社で何と呼ばれているかにかかわらず、厚生労働者では次のように定義しています。

1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者

これが厚生労働省でいうパートタイム労働者です。
したがってフルタイムで働く正社員よりも少しでも短い時間で働く従業員であればすべてパートタイム労働者に該当することになります。
「週の所定労働時間が○時間以内が労働者」などという決まりもありません。

《参考》
パートタイム労働者とは(厚生労働省HP)

スポンサーリンク









まとめ
パートタイム労働者とは通常の労働者よりも所定労働時間の短い労働者を指します。
会社での呼ばれ方がアルバイトであったり、パートであったとしても所定労働時間が通常の労働者よりも短い場合についてはパートタイム労働者です。