第1章 総則の概要

総則は絶対的記載事項ではない

就業規則の記載事項には絶対的記載事項、相対的記載事項そして任意的記載事項があります。第1章の総則は就業規則記載事項の中では絶対的記載事項ではないため、記載するかしないかは自由ですが、多くの就業規則では第1章に総則を置き、就業規則の目的等についてうたっています。

“第1章 総則の概要” の続きを読む

第3条 規則の遵守-会社と従業員が誠実に就業規則を順守すること

就業規則の規則の遵守

第3条(規則の遵守)
会社は、この規則に定める労働条件により、労働者に就業させる義務を負う。また、労働者は、この規則を遵守しなければならない。

スポンサーリンク

< ?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>



< ?php else: ?>



< ?php endif; ?>

第2条 適用範囲

就業規則の適用範囲

就業規則に関するトラブルの原因になるものの一つに従業員の区分があります。
就業規則は誰に対して適用されるのか明確にしなければ、パートタイム労働者やアルバイト、嘱託職員など全労働者に適用範囲が及ぶことになります。
ですから適用されない人を明らかにして、就業規則の適用から除く必要があるのです。
特に同じ事業所内にパートタイム労働者やアルバイトなど、様々な働き方をしている労働者が混在している場合にはこの規定を載せることが大切です。

第2条 (適用範囲)
1 この規則は、    株式会社の労働者に適用する。
2 パートタイム労働者の就業に関する事項については、別に定めるところによる。
3 前項については、別に定める規則に定めのない事項は、この規則を適用する。

スポンサーリンク

< ?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>



< ?php else: ?>



< ?php endif; ?>

第1条 目的

就業規則の目的

総則では就業規則の作成の目的や適用範囲等を規定します。就業規則を作成する目的は労働者が守るべき職場のルールを決めることにあります。この項目では、就業規則を定める目的について宣言します。

第1条 (目的)
1 この就業規則は、労働基準法第89条に基づき、株式会社 の労働者の就業に関する事項を定めるものである。
2 この規則に定めた事項のほか、就業に関する事項については、労基法その他の法令の定めによる。

スポンサーリンク

< ?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>



< ?php else: ?>



< ?php endif; ?>